エコロジーにつながるリサイクル

超硬工具の取り扱い説明

物を削ったり、穴を開けたりする時に使用する超硬工具は、正しく決められた通りの使い方をしないと、時には大けがをしてしまう様な可能性というのもある様です。事前に超硬工具の取り扱い説明や、注意事項をよく読み、必ず書かれている内容を守りましょう。

そして、超硬工具を使用する社員全員がその内容をしっかりと把握している状態にしたいですね。

万が一、けが人が出た場合には、個人だけの問題ではなく、会社としても大きな問題となる場合があります。
工場内や現場における怪我は時に命に関わる事もあります。

硬い物質ですので強度があり丈夫だと思っていても、劣化により部分的に弱くなったりする事もあります。

ページトップ